子供

幼児教室へ通わせましょう|様々なことを学べる場所

このエントリーをはてなブックマークに追加

認可と認可外の保育園

子供と先生

子どもが生まれた後に働くには子どもを保育園にあずけることになります。もちろんどちらかの親に面倒をみてもらえるのならお金がかからなくていいですが、面倒をみてもらうことが難しい人もいるはずです。子どもを福岡の保育園に通わせるのなら、子どもには楽しく通ってもらいたいと思うでしょう。そのときに福岡の保育園選びには気をつけるべきですが、どのようなポイントをチェックすればいいのか分からない人もいるので、チェックポイントや保育園の探し方を紹介します。まず、市役所で保育を担当している課に問い合わせをしてみます。そして自分が住む地域にある保育園を調べましょう。自分の希望する条件などを担当してくれる人に伝えればそのときに、希望の保育園が見つかるかもしれません。
また、希望する保育園があったとしても子どもが一杯で入園することができないケースも出てきます。そのときにどのような状況なのかメモをとるようにしてください。いくつか保育園の状況を聞いたときに情報が混ざってしまうのを防ぐためです。福岡の保育園には認可と認可外がありますが、福岡の認可保育園の保育料は上限が決められています。それは私立でも市立でも料金は変わりません。ただ、料金は両親の年収によって異なります。無認可保育園は上限がないので料金を自由に決めることができるのですが、子どもの教育に力を入れていると認可保育園よりも高くなることがあります。また、送り迎えなどがあるので、保育園の場所も確認するようにしてください。場所によってはあまりにも遠くて送り迎えに時間がかかる可能性が高いです。